blog

ブログ

どもこんにちは〜京都西部ラブのデブ子デラックスです★今回は、直感で選んだ店がめっちゃ良かったという話を。

先日、河原町丸太町にある「おさけごはん処 あいの家」に取材に行きました(週刊アサヒ芸能・4/23号『一杯酒場』に掲載)。取材に行くまで存じあげなかったのですが、Facebookでいい呑み屋教えて〜と投げかけた時に、知り合いのライターさんに教えてもらったお店でした。

情報をググりだしてすぐに「これは素敵なお店に違いない!これはいっとかなあかん!めっちゃ行きたい紹介したい!」とテンションが上がり、もうここしかないやろ!と即心が決まりました。笑

あいの家は、宮城出身の店主・佐々木愛さんが、東北の地酒と郷土料理を味わってほしいと、去年10月にオープンしたお店。京都で東北料理が食べられるのは珍しくネタになりやすいし、私自身好きなのもありますが、即決したのは魅力を感じたから。直感で愛さんに惹かれたからでした。これってもしや一目惚れ?笑

どのお店を記事にするか、選定は私や編プロさんが主体となり何店か候補を出し、編集部と協議をして決めます。前回はすいばだったので、次は大阪かなぁと漠然と探していたのですが、どうしてもあいの家に行きたい!京都が続くのは微妙ですが、熱意が伝わったのか?提案が通り、取材にこぎつけられました。訪問してすぐ、優しい笑顔で出迎えてくださり、私の心は一気にメロメロ♡一目惚れの直感は間違ってなかった!笑

愛さんは上品だけど、上品すぎず気さくで、終始気持ちよくやりとりさせてもらいました。笑顔の裏にはご苦労があり、辛い境遇のお話も聞かせてもらいましたが、多くのしんどさを乗り越えてきたからこそ、人を癒やす力があるのだと思いました。オヤジ系雑誌のよぉわからんライターに、プライベートな話までしてくださり恐縮だったのですが、いいお話が聞けて幸せな時間でした(プライベートな内容は書き控えました)。

柔らかな優しさがあるけど、芯がしっかり通っていて男前で頼もしい部分も感じられてよかった。今回は取材でしたが、プライベートでも訪れたい、愛さんと仲良くなりたいし人生語りたいし話聞いてほしい!常連になって通いたい、素敵なお店です。

お店を自分で選定するのは、時として苦痛を伴いますが、今回のような素晴らしい出会いがあると、選ばせてくれてありがとう!って思います。これからも、心の底から行ってみたいと思えるお店に出会えるといいなぁ〜
情報は変わらず集めながら、直感の感度も高めておこうと思います。

取材で用意していただいた料理はどれもおいしかったですが、特に「はらこ飯」が最強に旨かった!絵ヅラ見てたら、今すぐ食べに行きたくなります!!炊きたてを提供してくださるので、仕上がりに40分ほどかかりますが、これは絶対食べてほしい一品。間違いないからぜひ食べて帰って!!

現在はコロナ騒ぎの影響で休業中なので、再開したらぜひ呑みに行ってみてください。てか誰か私と一緒に行きませんか?

information

京都市中京区大文字町238-1 エースビル102
075-744-6216
17:00〜23:00
日・月曜日休み

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。