blog

ブログ

どもこんにちは〜京都西部ラブのデブ子デラックスです★今回は、大映通り商店街にある「三吉みたらし」を紹介します。

三吉みたらしはいつ営業するかわからない謎のお店として有名で、いつ、何時から何時まで営業かは大将のみぞ知るという… 大将のきまぐれ?都合?で決まるようですが、月に1,2日程度しか営業しないという噂なので、開いているといつも行列になります。
販売しているのは、みたらしだんごと、夏のわらび餅ぐらいととてもシンプル。店構えもシンプルで、開いてなければただの民家。お店の面影ほぼないので、つい通り過ぎてしまいます。笑

最近営業しているという噂を聞いて行ったら、ほんまに営業してた!久々にありつけてうれしいな〜

焼きたてのみたらしだんごをたれにからめ、きな粉をかけるのが三吉流。きな粉は、かけるかどうか聞いてくださるのでなしで購入もできます。

温かいうちだと、だんごが柔らかでめっちゃ旨(旨そうに見えない絵づらですいません)!醤油がやや勝ってるタレに、ほどよい甘さのきな粉相性抜群。娘も大好きで、10本があっという間になくなります。笑
いつの間にか190円になっていたけど、きなこたっぷりの焼き立てが食べられるなら安いし値打ちありますよね。

屋号の三吉(さんきち)は、店前の『三吉稲荷』に由来しているそう。西院・リノホテル裏の亀山が本店?らしく、亀山で作っただんごを太秦へ運び、焼いているとのこと。お盆など、和菓子が忙しいシーズンは亀山メインになるので、三吉のオープンが少なめ。でもタイミングが読みづらいので、定期的に通りがかってください。

近頃買えるタイミングが多いのは、もしかしたらコロナのせい?亀山が商売上がったりなのかな?とちょっと心配になったり。それと、おひとりだと大変なのかな?おねーさんとの連携プレーで手際よく提供していて、あまり待たずに買えてよかったです。

次いつ買えるかわからないけど、まめに前を通ってチェックしようと思います!

information

京都市右京区太秦多藪町44-2
075-881-0253
営業日、営業時間は不定。開いていればラッキー
嵐電帷子ノ辻駅より 徒歩約5分

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。