blog

ブログ

どもこんにちは〜京都西部ラブのデブ子デラックスです★今回は、大映通り商店街にある「茶菓えん寿」を紹介します。

全国の茶農家を訪ね歩き集めた日本茶と、老舗和菓子店『老松』仕込の和菓子を提供しているお店で、お気に入りのカフェ。店主さんがずーっと前から作ってみたかったという「あんこ屋さんのあんパン」が発売されると知り訪問しました。数量限定なので、取り置きをお願いしてレッツゴー!

数日置いた方が馴染んでおいしい、のアドバイス通り、しばらくしてからいただきましたが、ほどよく甘い、粒なのになめらかなあんこがたっぷりでめっちゃおいしかった!手のひらサイズの小ぶりなものですが、あんこぎっしりなので、これぐらいがちょうどいいかも。みっちりだけど重くないあんこなので、想像以上にさっぱりでした。

和菓子屋ですから、あんこには並々ならぬこだわりがあるでしょう。詳しいことはわからないですが、おいしく上品で、でも上品すぎず食べやすい、みんな大好きな味に仕上がっていると思います。あんぱん好きな人もそうでない人にも、ぜひ食べてみてほしいです。

抹茶あんは、抹茶というより濃茶!笑。粒あんよりも甘さ控えめで、最後ちょっと苦いぐらい。お茶好きにはたまらん味です。

テイクアウトだけでなく喫茶営業もしているので「のむわらび餅」と、裏メニューの「きまぐれパフェ」もいただきました。訪問時、後半はノーゲストだったので、いろいろお話を聞かせていただきました。お忙しいなかありがとうございました!

最近パティシエのスタッフさんが仲間入りして、タルトやらパフェやら洋菓子メニューが増えていて、店主さんいわく何屋かわからん状態だとか笑。でも旨いものが揃うならアリですよね!

のむわらび餅は、抹茶味やほうじ茶味、いちご味から選べたのでいちごに。手作りいちごソースだそうで、期待が高まります。

冷めても固くならず、ちゃんとストローを通ってくるわらび餅は、きなこ味がしっかりでこれだけでも美味!いちごと相性良くてバランス良くめっちゃおいしかったです。のむわらび餅はテイクアウトできるので、商店街を散策しながら飲むのもいいですね。

パフェは、いちご大福に使われるクリームの中には、スポンジやキャラメリゼしたアーモンドが。上には美しく繊細にカットされたフルーツがてんこ盛りで、これは旨いに決まってる♡トップにはブラッドオレンジのピールを細かく切ったものが乗っていて、柑橘の酸味とたらこみたいな食感が絶妙でした。

今はまだ裏メニューですが、近々レギュラーメニューになるそう。日本茶とセットでいただくのもおいしいと思います。メニューには載っていませんが「裏メニューで♡」とお願いすれば作ってもらえるので、食べたい人は注文してみてください。

何を食べてもおいしいえん寿ですが、パティシエさん登場で、いろいろ変化していきそうな予感。今後の展開が楽しみです。

information

京都市右京区太秦多藪町14-93 chien viverrin 1階
075-432-7564
10:00~17:00
木曜日、第3水曜日休み
嵐電帷子ノ辻駅より 徒歩約5分

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。