blog

ブログ

どもこんにちは〜京都西部ラブのデブ子デラックスです★今回は、先日訪れた八幡のあれこれを紹介します。

ライター仲間のけいたろうさんにお誘いいただき、娘ポトレの撮影に行ってきました。けいたろうさんご指定の場所は京都府八幡市。彼岸花が美しい群生地「若宮八幡宮」で撮影したいということで訪れました。

若宮八幡宮は、京阪石清水八幡宮駅から5kmほどとまあまあ遠い。バスが走っているようですが、駅前に「八幡市観光協会レンタサイクル」があるので、せっかくならサイクリングしましょうということになりました。

9時〜16:30の間借りることができ、普通車500円・電動1,000円。保証金が500円必要ですが、それでもお得な値段です。

観光案内所で申し込み、向かいの駐輪場に止めてある自転車を乗っていくスタイル。案内所のスタッフさんが丁寧に説明してくださるので、迷うことはありません。
普通車をレンタルしましたが、3段変則でメンテがしっかりされていて走りやすく、なんら問題ありませんでした。

せっかく借りたので、彼岸花だけではもったいないと、まずは「流れ橋」へ。駅からスタートしてすぐ河川敷のサイクリングロードに入り、のんびり走ります。ローディーのガチ勢にガンガン抜かされますが、みんな思い思いに走っています。

30分ほどで橋が見えてきます。橋に降りる手前に駐輪スペースがあるので、止めて橋へ降ります。それなりに見物客はいましたが気にならない程度。

流れ橋はご存知の通り、木製の流れる橋です。手すりや柵がない上に、結構な高さがあるので怖いですが、見晴らしは抜群です。橋を往復してあれやこれや撮影をし、すぐ近くの「四季彩館」へ。流れ橋の資料展示や産直品、レストランなどがある複合施設で「八幡家」でランチをしました。

ちょうど昼飯時で満席なので待ちましたが、予約ができるようなので、次回は予約をしてスムーズに利用した方がいいかもしれません。まあまあ待ちましたが、携帯に連絡をくれるのでうろうろできて便利でした。

八幡家でのランチはブッフェスタイル。時間無制限で1人1,800円。おばんざいを中心に、20種類以上のおかずが並びます。地元食材を使うことにこだわっていて、どれも野菜がたっぷり。ご飯も八幡産でおいしかった!

老若男女誰でも好みそうな味で食べやすく、種類も豊富で満足できました。その場で作ってくれる豚しゃぶもあって、飽きない工夫がされていてよかったです。

スタッフさんも皆さん感じがよく、気持ちよく過ごせました。また利用したいと思える良きお店でした。

腹パンになったところで、本日のメイン彼岸花へ。彼岸花ってあぜ道に沿って咲いているイメージですが、若宮八幡宮は境内の木の下一面に咲いているんです!一面に群生しているのは初めて見たので驚きと興奮でテンション上がった!笑 そりゃインスタでバズるわな〜って感じ。

けいたろうさんとわちゃわちゃエモい写真撮ってたっぷり楽しみ、ダッシュで漕いで帰り、返却時間ギリギリに返しました。

今回はあまり移動しませんでしたが、計画を立てて朝イチから動けば結構な距離を移動できると思います。また先に石清水八幡宮を参拝してからサイクリングも良さそう。春は背割堤で桜もいいですね。対岸のJR山崎駅に乗り捨てできるようなので、帰りはJRのルートもいいかも。そうなると楽しめるエリアがグッと広がりますね。

八幡って何があるん?って思う人が多そうですが、範囲を広げれば結構見どころがあります。クルマもいいですが、レンタサイクルで健康的に、秋の1日を過ごしてみませんか?めっちゃ楽しいですよ〜

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。