blog

ブログ

どもこんにちは〜京都西部ラブのデブ子デラックスです★今回も、前回に引き続き、娘ポトレネタです。

今回は嵐山で、のんびりフォトウォーク的なポトレ会になりました。お供してくださったのは、小説家であり、医学博士であり、理系ライターの寒竹泉美さん。

寒竹さんから、娘を撮りたいとお誘いいただきました。凄腕ライターさんからのお声掛けでびっくりしましたが、こんなチャンスなかなかないのでぜひに、とお願いしたのでした。

寒竹さんは以前、撮る側も撮られる側もされていて、ポトレに詳しい方。ご自身の記事や媒体でもポトレ写真が使われていて、いつも素敵だなぁと眺めています。noteにかわいい写真や読み応えのある記事がたくさんあるので、じっくり読んでみてください↓

今回、服を成仏させたいとかで、服は寒竹さんよりお借りしました(ありがとうございました)。事前に候補を上げていただき、娘の好みで2着チョイス。嵐電嵐山駅で集合して衣装に着替え、まずは竹林へ向かいました。

シルバーウィーク以降観光客が増えて来ていますが、例年に比べたらまだまだ。午前中なら、タイミング狙えば竹林での無人写真も撮れる感じです。

レトロなワンピースに、クラシカルな帽子も被らせてもらっていい感じ!竹林とワンピースの緑がマッチしていました。

竹林やトロッコ列車嵐山駅、小倉池や常寂光寺を通りすぎ、昼近くになってきたので、ランチをしようと「Le Bouchon T Masako(ル ブション ティ マサコ)」 へ。

ちょっと前の記事ですが、よかったら読んでみてね↓

人出が緩やかとはいえ日曜の嵐山なので、ランチ難民になりかねない。それでは時間の無駄なので、あらかじめ予約をしておきました。野菜たっぷりの洋食ランチがおいしいカフェで、オーナーシェフ・マサコさんにも何かとお世話になっています。

嵐山っぽくないメニューですが、寒竹さんに味わっていただきたかったので、マサコさんとこに決めたのでした。

私は唐揚げのランチプレート、寒竹さんはライスコロッケプレートなどを注文し、お腹いっぱい。マサコさんからドリンクやおやつをサービスしていただき(その節はありがとうございました!)大満足でお店を後にしました。

ここで2着目のワンピースに着替えました。ガラリと雰囲気が変わってよい感じ。この後の撮影はこのワンピースで回りました。

ランチ後は、マサコから近い清凉寺へ。ここまでくると人もまばらでのんびりしています。

お参りしている写真を撮ってみたり、空き地?の森っぽいところで遊んでみたり。のんびり撮影できました。

清凉寺からぶらぶら移動して、天龍寺から桂川沿いへ。渡月橋や堤防をバックに写真を撮って終了。嵐山を感じつつ、写真もたっぷり撮れて楽しかった!

ただひとつ、寒竹さんのポトレを撮れなかったのが残念。後から気づいて撮っとくべきだったと思いました。次回は寒竹さんも撮らせてもらおう。

紅葉が始まると混み合うと思うので、ゆったり散策するなら今をおすすめします。それから、ル ブション ティ マサコは15:30がラストオーダーなので、遅めランチもOK。ランチタイムを外せばカフェ利用もできるので、ぜひお立ち寄りくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。