blog

ブログ

先日、旧五條楽園にあるゲストハウス「UNKNOWN KYOTO」に泊まってきました。何で市内のゲストハウスに泊まったか?それは下記の記事を見つけたから。親娘旅として利用したいと応募したらなんと当選!モニターとして宿泊してきました。

【10組限定・宿泊無料】UNKNOWN KYOTOの魅力を伝えてくれるモニターさんを募集します。

京阪・清水五条駅すぐ、四条河原町からも徒歩圏内で利便性のいい場所。以前「五條楽園」として営業していたエリアで、昔を知る人なら驚くでしょう。ですが摘発され、解体されてからは以前の面影は薄くなり、若い世代が街を活性化しようと盛り上がっている場所になっています。

「UNKNOWN KYOTO」は築100年以上の元遊郭で、長らく空き家でした。できるだけ以前のままを保ちながら、使いやすいようにリノベーションされています。間取りもしつらえもそのまま、遊郭の名残が感じられ、レトロな雰囲気がたまりません。

タイルの洗面台とか懐かしい!娘もおしゃれ♡とよろこんでいて、若者の心も掴んでいました。

チェックインをして、簡単に説明を受け部屋に案内してもらいます。部屋に詳細なインフォメーションはありませんが、チェックイン後届くメールに、滞在中利用できるURLが記されているので、早めにチェックしましょう。館内案内などが記載されています。

客室はシングル、ダブル、ツイン、デラックスツイン、ドミトリーがあり、ニーズに合わせてチョイスできます。

私たちが泊まった部屋「南4」は、ツインルームでベッドのみの狭めな部屋。面積は広いけど天井が高く天窓があり、開放感が感じられる部屋でした。

部屋はそれぞれレイアウトが違うそうで、泊まるたび楽しめそうです。部屋の壁は薄いので、隣に迷惑にならないよう物音を立てないように気を使いますが、居心地よく快適に過ごせます。ちなみに↑の画像は娘が撮ったもの。さりげなく飾られてるスワッグがおしゃれ!

ルームキーに花札がついているのは、任天堂が由来。今はゲームメーカーとして世界的シェアの任天堂ですが、五條楽園が創業の地で花札からスタートしています。五條楽園の文化をモチーフにするべく、花札デザインが採用されたそうです。

洗面所、トイレ、シャワーブースは共同ですが、きれいで気持ちよく使えました。

部屋にサイドテーブルはないので、書き物などは1階のコワーキングスペースで。滞在中宿泊者は24時間自由に利用できて便利です。コンセントも高速Wi-Fiもあるので、動画鑑賞も仕事もサクサク進むはず。

娘は持参した宿題をせっせとこなしていました。集中して取り組めたようで、勉強する環境としてもよさげです。

キッチンではあたためや簡単な調理ができるほか、フリーのコーヒーやお茶があったり、投げ銭?制の焼菓子もあるので、コーヒーブレイクも困りません。冷蔵庫もあるので、買ってきたものを冷やしてもいいですね。

隣には「Sin -Dining&Bar-」があり、ランチや夜ごはんが食べられます。夜ごはんはSinさんでいただきましたが、めっちゃおいしい上にリーズナブルで感激しました!雰囲気もいいし、店主Sinさんはフレンドリーだし、楽しい夜が過ごせましたよ。

Sinさんはイタリアンのシェフらしいですが、唐揚げ専門店で7年間働いたそうで、第2回唐揚げ弁当グランプリの地域酒場部門で最高金賞を受賞!名実ともに”旨い唐揚げ”として認められました。

ポッロフリット(唐揚げ)はびっくりするほどカリカリで、でも硬いわけでなくジューシーで、噛めば噛むほど旨味が染み出てくる、そんな唐揚げでした。どんな味付け?隠し味とか使ってる?想像つかないぐらい奥深い味…幾重にも重なる味付けに感動しました。今まで食べた唐揚げの中でベストワンかもしれん…!てぐらいおいしかったです。

1個が大きくて食べごたえもあり大満足。おいしいとは聞いていましたが、想像以上の旨さでした。唐揚げ大好きな娘も無心に食べていました。笑

旨さに感動して、唐揚げと高菜のわさびマヨ丼まで追加してしもた…!

唐揚げ以外も、サラダもパスタもおいしかった!サーモンのレモンマリネサラダはさっぱりだったし、にんにくがゴロゴロ入ったペペロンチーノはピリ辛で食が進みまくりました。ペペロンチーノのにんにくって、みじん切りやスライスが多いですが、Sinのは1片ごと入っていて、食べると芋みたいにほくほく!にんにくの姿焼きが好きなので、1片入っているスタイルがめっちゃ気に入りました。臭くなるけどにんにく好きはぜひ注文してみて〜

これだけ食べて、二人で4,000円ほどでしたが安いですよね?Sinは宿泊者以外でも、普通にごはん屋として利用できるので、ランチでも夜ごはんでもぜひ食べてみてほしい!唐揚げはテイクアウトも可能なので、店で飲食が厳しい人は家で食べてみてください。ほんまおいしいので!!

ごはんのあとは「サウナの梅湯」へ。館内にシャワーがありますが、歩いて3分程のところにあるとなれば、行きたいですよね!銭湯らしい熱い湯に浸かって、ゆっくりお風呂を堪能しました。

洗い場にはシャンプー、リンス、ボディソープが、脱衣所には無料でドライヤーが使えたりクレンジングがあったりで、サービス満載でありがたかったです。タオルは宿のを持っていきましたが、レンタルや販売もしてるかな?

サブカルの銭湯として有名だからか、客層が若くて驚きました。入口で野菜を売っていたり2階には休憩室もあるみたいで、興味深い銭湯でした。ほぼ手ぶらで利用できるので、近くに来た時はぜひ入ってみてください。

硬めベッドは私的にちょうどよく、夜は天窓から月明かりが差し込み幻想的な光にうっとり。寝心地よく爆睡できました。朝ごはんは近くに朝から営業のカフェやパン屋がありますが、年末あるあるですでに休業に入っており利用できませんでした。せっかく事前に教えてもらっていたのですが…。

結局河原町五条のなか卯に行きましたが、24時間営業なので時助かりますね。なか卯の向かいには、24時間営業のスーパーフレスコやファミリーマートもあるので、買い出しにも困りません。UNKNOWN KYOTOは本当に便利な立地で、グッドロケーションです。

朝ごはん後ゆっくりしてチェックアウト。メールでやりとりさせてもらったスタッフさんに会えてご挨拶。年の瀬のタイミングでしたがゆっくり過ごすことができ、中学生との親娘旅でも使い勝手のよい宿でした。
この度は当てていただき、本当にありがとうございました!

せっかく娘と行ったので、娘をモデルに大量に写真を撮りました。noteにギャラリーを作ったので、合わせてご覧ください!

information

京都市下京区平居町55-1
075-746-4635(代表)
京阪電車清水五条駅より徒歩約5分

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。