blog

ブログ

JR福知山駅近くの閑静な住宅街。かわいい1軒のおうちが、不定期で絶品焼菓子屋に変身する。

「~Gateau Francaise~ petite clochette」フランス焼き菓子店・プティクロで、2004年から営業している。自宅兼店舗だが、月イチ程度しかオープンしないまぼろしのお店だ(しょっちゅう福知山に行くのに今まで知らなかったのが悔しい)。

実店舗以外に、イベント出店や近くの「UNBIRTHDAY COFFEE」でも時々販売しているが、すぐに売り切れるほど人気がある。

店舗専用のドアを開けると、白壁にブラウンアンティークのおしゃれな空間が出現する。カウンターにはレトロなお皿が並び、おいしそうな焼菓子が乗せられている。対面販売で、好みのお菓子を伝え購入する。

やりとりしてくれるのは、ふんわりな空気感がかわいい女性店主。店主もお店の雰囲気にぴったりで、店主まるごとお店のインテリアのようだ。

柔らかな輪郭の店主だが、生み出すお菓子はスタンダードなフランス菓子で、素朴でシンプル。一見地味だが、丁寧に作られているのがわかる外観で、直感で「おいしいに違いない」と信じられるほど。お菓子に芯というか、確固たるポリシーや男気が見えて、良い意味でのギャップを感じるのだ。

口に運ぶと素材の良さが際立ち、しみじみおいしい。また、旨さが幾重にも追いかけてくるような奥行きも感じた。京都に焼菓子屋はたくさんあるが、プティクロのおいしさは、2020年に食べた中で1、2を争うレベルだった。

店主はお話上手で、細かな気遣いもしてくださり、滞在中は楽しい時間が過ごせた。販売のみなので買えば終わりだが、やりとりのおかげでお菓子の価値がより大きくなり、心に深く刻み込まれる。「おいしい」「キレイ」だけでない、唯一無二のお菓子へと昇華する。大げさだが、忘れがたいお菓子とでも言うべきか…そんなお菓子とお店に出会えて幸せだ。

オープン情報はインスタなどSNSで告知されるので、こまめにチェックを。営業日は16時ごろまで営業時間だが、完売次第閉店する。訪問時は15時には完売していたので、確実に買いたいなら開店直後を狙って来店してほしい。

information

京都府福知山市駅前町481
オープンは月1日程度。詳細はSNSで告知される。
※予約や取り置きは不可

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA