blog

ブログ

JR胡麻駅から歩いて5分ほど。”ポツンと一軒家”的に建つ「農園食堂Aube」は、2010年にオープンしたお店だ。

山小屋風の建物で、周りの景色と調和している。店内はテーブル席と小上がりの席があり、小上がりには一部掘りごたつになっている。窓が大きく、陽の光や周辺の景色が眺められて、のんびり落ち着ける。

提供される料理や食材は、手作りにこだわっている。お米は自家栽培、野菜も自分たちで作ったものが多い。スパイスやタレやぬか漬けもお手製で、コーヒーも自ら焙煎している。

自家製食材のほか、丹波地鶏を使った鶏料理が名物で、人気メニューは「Aubeランチ」。調理法が異なる鶏づくしのプレートで、おいしさが随所から楽しめる。

ドリンクとデザートが付いて1,830円は、かなりオトクだろう。

私はとりさしに惹かれ「丹波地鶏とりさしセット」を注文した。コーヒーがついて1,500円。

とりさしはコリコリと身が引き締まっているが、噛み切れる硬さでちょうどよい弾力。特製醤油と生姜でいただくが、そのままでも食べられるほど臭みがない。いくらでも食べられそうだ。

使われる鶏は、太陽のもとで飼育された、生後120日前後の雌だけ。質にこだわるからこそ、自信を持ってとりさしが提供できるのだろう。

このご時世とりさしは敬遠されがちだが、メインでしっかり食べられるとは、かなり貴重だ。量もしっかりあって堪能できるし、小鉢もごはんもみそ汁も全部おいしい。ただひたすらおいしくて幸せだった。

コーヒーは中深煎りだろうか。コーヒーらしい苦味が感じられる味だった。

訪問時は年始初営業日だったので「あけましておめでとう」と挨拶を交わす常連さんが多かった。それほど地域に愛されているお店なのだろう。お店の方はマイペースながらテキパキ作業しておられ、のんびり感と緊張感のバランスがよかった。会計時、遠くから来てくださったんですか?と、気さくに声をかけてもらえたのもうれしかった。次回は、自家製ブルーベリーを使ったものを食べてみたい。

12,13時頃のボリュームタイムは、満席になることが多い。来店の際は予約がベターだ。

ゲストハウスGOMAの記事によると、お店を営むご夫妻は、もとは京都市内に住んでいたという。田舎暮らしやブルーベリー農園がしたくて胡麻に移住。農園の世話をしながらお店を開店させたそうだ。

店名の「Aube」は、フランス語で「夜明け」を意味すると記事で知った。他にも興味深い話がたくさん書かれているので、ぜひ読んでほしい。

レストラン案内:農園食堂Aube(オーブ)

information

京都府南丹市日吉町胡麻山ノ口37-2
0771-74-0075
月・火定休
11:30〜15:00
JR胡麻駅より徒歩約5分

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA