blog

ブログ

南丹地域では2020年夏ごろから、キッチンカーの出店が相次いでいる。メディアで紹介され人気の「まるよこ商店」「hometown.foodtruck.deri」など、おしゃれでおいしいと、各所で賑わっている。また亀岡市では、新年度からキッチンカーの導入支援を始めるそうで、ますますキッチンカーが熱くなるだろう。

今回紹介する「きらな・くっく」は、南丹市日吉をベースに、京都市内でも出店している。営業開始は2019年11月で、ヴィーガン料理を提供するキッチンカーだ。

店名の「きらな」は、サンスクリット語で光や光線を指す。「私の作る料理で光を届けたいです。おおげさかもしれませんが、それが使命だと思い、きらなを店名に入れました」と店主さんは語る。

自然食、マクロビ、玄米菜食というと難しいものと捉えがちだ。しかし、ヴィーガン料理もファストフードのように、気軽に楽しく食べてもらいたい。ファストフードにはジャンクなイメージがあるが『からだがよろこぶファストフード』があってもいいのではないか。ヴィーガン料理で”楽しくおいしいファストフード”を作ってしまおうというのが、きらな・くっくの考えだ。

普段はスプリングスひよしでの出店が多いが、週1回ほど河原町の「GOOD NATURE STATION」にも出店。加えて2月から亀岡でも販売がスタートしたので、さっそく訪問した。プライベートサロン「Petit」前のスペースが、亀岡での出店場所だ。亀岡駅南口から歩いてすぐの、便利な場所にある(詳しい出店スケジュールは、Instagramで確認を)。

メニューは、玄米サンドとピタパンサンドのランチボックス。ボックスとしてセットでも、サンドを単品で購入することもできる。どちらも食べたかったが、今回は玄米サンドボックスを注文した。

注文ごとに目の前で調理をしてくれるので、アツアツが買える。できたてが食べられるのは、キッチンカーの醍醐味。いろんなイベントでいろんな食べ物が売られるが、できたては最高で最強だ。素材の匂いや炒める音のおかげで、より食欲が増す。

玄米サンドBOX・950円(税込)

玄米サンドBOXは、サンドに全粒粉車麩の唐揚げと一品がつく。色鮮やかでおいしそうではないか…!動物性のものは使われておらずヴィーガンなのだが、そうは思えない絵ヅラだ。

玄米サンドは焼きたてで「熱っ!」と言ってしまうほどだった。ライスバーガーは他の店でも食べられるが、玄米のものは珍しいのではないか。玄米特有の香ばしさや、もちもちな歯ざわりがめっちゃおいしい。崩れないよう圧縮されているので食べごたえがあるし、しゃきしゃきの野菜がたっぷり入っていてヘルシーなのもよい。

玄米は八木で自然栽培される、無農薬・無肥料のもので、普通に買えば結構な単価らしい。それが惜しげもなく使われているのだから贅沢なサンドだ。めちゃめちゃ好みであっという間に完食。あと3個食べたいほどだった!笑

野菜は日吉など地元産で、無農薬または減農薬の野菜が使われている。新鮮かつ野菜本来の味がしっかり感じられた。車麩の唐揚げも一品もすべてが旨かったし、ヴィーガンにありがちな物足りなさがなくて満足できた。ピタパンサンドもおいしいはずなので、今度は両方がセットになった「ランチBOXダブル」を食べたい。

気さくで話好きな店主さんは、もともとは京都市内出身。日吉に移住して地産地消に取り組みながら、キッチンカー営業をすることに決めたそうだ。出店が軌道に乗り始めた頃コロナ禍に陥り、思うように営業できなかったそうだが、逆境に負けず販路を広げておられる。

キッチンカーは数あれど、ヴィーガン料理の店は珍しいだろう。からだがよろこぶ料理を、ファストフード感覚で気軽に。キッチンカーのニーズが高まっている今、きらな・くっくが注目され、賑わう日もそう遠くないと思っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA