blog

ブログ

毎月第4土曜日に八木で行われる「めぇめぇマーケット!」。青空市や蚤の市のほか、わざどころPONや気になる木JUJUでもイベントが同時開催されます。月ごとに趣向を凝らした内容が楽しめますが、3月はわざどころPONで野点体験ができるとのことで、nankoと参加してきました。

「選べるお菓子×作家のうつわでお抹茶野点セット」と題されたイベントで、お菓子を選び、自分で抹茶を点てて味わう体験ができて、ひとり500円。

体験の旨を伝え料金を支払うと「お菓子券」が渡されるので、券を持って徒歩2分ほどの「森彦菓舗」へ向かいます。お菓子券では200円までのお菓子と引き換え可能。200円を超える場合は、実費で支払います。

森彦菓舗は創業100年以上の老舗で、看板商品は、丹波大納言を使った最中『丹栗』。そのほかにも和菓子を中心に洋の焼き菓子やせんべいもあり、豊富な品数に驚きます。

お店の方は気さくで、会話をしながらの買い物も楽しいです。どれにしようか迷いましたが、春らしく「花見だんごセット」をチョイス。価格は税込421円で、娘と私ので券が2枚あったので、不足分21円は現金で払いました。

お菓子を持ってPONへ戻り、抹茶のうつわを選びます。うつわを選んでいる間に野点セットが用意されるので、選び終わったら体験スタート!

セットを持って河原まで行き野点を楽しんでも、店内でかなこさんにてほどきを受けて点てるのでも、どちらでもOK。この時はいい天気だったので、河原でいただくことにしました。お膳に、抹茶の入ったうつわとお湯入ボトルが乗せられていて、河原まで運び楽しみます。

桜の木は本数は少ないものの、立派な大きさでお花見に十分。河原へ下りる階段がベンチのようになっているので、腰掛けて抹茶を点てます。お膳が階段幅にばっちり収まっていて、まるでサイズをはかって用意したのかのようでした笑。

娘は我流ですが自分で抹茶を点てるので、私の分もお願いしました。

抹茶が点てられ、お菓子をお皿に盛りいただきます!

過ごしやすい気候で、開放感のある景色が気持ちいい。しかも見上げれば桜の花がひらひら。ザ・春!なロケーションでちょうどよいタイミングでした。森彦菓舗のお菓子も丸久小山園の抹茶もおいしくて、娘も完食。うららかな春のひとときが堪能できてよかったです。春っぽい写真がたくさん撮れて楽しかったです!

今回の野点体験は「めぇめぇマーケット!」の一環でしたが、今後別のイベントでも開催予定とのこと。要望があれば、イベント外でも実施されるかもしれないので、体験したい方はぜひ要望を!

桜の季節が終わっても河原は気持ちの良い場所で、季節問わず野点が楽しめます。PONから歩いてすぐなので、ぜひ利用してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。