blog

ブログ

今回のブログは、何かの紹介ではなく自分のことを。

皆さんはストックフォトをご存知でしょうか?ストックフォト (Stock Photo) とは、

頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。

 

写真に詳しくない人でも出品できる「Snapmart(スナップマート)」から、プロ仕様の「PIXTA(ピクスタ)」 など、複数のサービスがあります。web記事のアイキャッチやweb広告、チラシや電車の車体広告など、あらゆる媒体に使われていて、日々目にする無名モデルのものは、ストックフォトのが多いと思います。

無料素材としてDLできるものと違い、有料で購入するのがストックフォトのシステム。一度販売されると、サイトから削除しない限り購入可能で、購入した買い主が自由に使えることになっています。なのでかなり前に撮影した写真を今見かけるってこともよくあります。

なんこもストックフォトモデルをしていて「Shutterstock」「PIXTA」で公開されています。Shutterstockは2年前に撮影しましたが、今も普通に購入できるはず。どちらも制服写真がメインなので、学習塾など学校を連想する広告で見かけます。が!最近では名鉄の車両広告に使われていてびっくり。笑

ストックフォトのモデルも撮影時に報酬をいただきますが、写真がどれだけ購入されても撮影後は1円も入りません。公開後は売れた分がカメラマンの収入になりますが、購入した写真が何に使われるかはわからないそうです(購入した会社や金額がわかるのみ)。なのである日突然見つける(or教えてもらう)パターンがほとんど(どこかで見かけたら報告お願いします!笑)。

それはそれでおもしろいしネタになるのでいいんですが、芸能人としてやっていきたい、ファッションモデルとしてやっていきたい人には、ストックフォトモデルは不向きだそう。ストックフォトで公開している人はNGなことが多いのだとか(どこでどんな媒体に使われるかわからないから)。

で、私もSnapmartに撮影者?出品者?で参加しています。今日ひさびさにアップしたんですが早速売れてびっくり。タイムリーだから?

誰でも無料で始められ、どんな写真をアップしてもOK。ただし著作権のあるものは不可などルールはありますし、売れやすい写真とそうでないのがあり、好きなものだけ載せていてもちっとも売れません。かなりの会員がかなりの枚数を登録しているので、売ろうと思うなら対策が必要。

誰でも撮れるカフェ飯や風景はあまり売れなくて、同じ被写体でも人物が入っているとか、季節先取りの写真を投稿すると売れやすいそうです。たとえば夏のうちに秋の紅葉の写真をアップしておくとか。今年は梅雨頃に去年アップしたひまわりの写真がよく売れました。サイト内に売るためのアドバイス記事があるので参考にするとよいです。たとえばこんな記事↓

【インタビュー】「好きを仕事に」をSnapmartで叶えた、ponmoさんのロードマップ

また、コンテストやアンバサダー募集をマメに行っているので、うまくいけば賞金がもらえたりアンバサダーに選ばれたりします。経験を積みスキルアップをめざすと評価が上がって編集部セレクションに選ばれたり、企業案件を任されることもあるので、写真が好きで複業にしたい人はがんばってみては。やりがいはあると思います。

私はさほど力を入れていないので売れないし入賞もしませんが、忘れたころにポロポロ売れるのはおもしろいです。不労収入じゃないけど、何もせず売れていくのは得した気分になりますね!

そんなわけで、素材を探すことがあれば、私が投稿しているのを思い出して、見てくださるとうれしいです。笑

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA